労働問題

残業代請求、解雇無効請求、セクハラなどの損害賠償請求などを受けた場合の法的アドバイスや、相手方との交渉を行います。

企業と労働者との間のトラブルは尽きないもの。 未払賃金や残業代の請求から解雇をめぐるトラブル、セクハラ・パワハラに基づく損害賠償請求を受けた場合まで,法的手続を含めたトラブル解消のための方法をご提案、相手方との交渉、法的手続きにおける代理業務を行います。

労働問題が発生する場面では、雇用条件の明示がない、就業規則が存在しない、就業規則が存在していたとしても内容が明確ではないといったケースが多く見られます。

また、労働時間の管理がなされていない、従業員の立場が不明確(正社員、契約社員、パート、アルバイトなのか区別が明確でない)なケースもございます。

労働基準法では従業員の保護の強化がなされているため、使用者側からするといかに労働問題が生じないよう予防的措置を施すことが重要となります。予防的措置を構築するために、弁護士に相談することをお勧めいたします。

以下のようなトラブルには、当弁護士にご相談ください。

取扱い業務一覧へ戻る