顧問契約

気軽に弁護士に相談したいという法人様には、顧問契約をご用意しております。

そういった場合、個別のご相談、ご依頼に応じることはもちろん可能ですが、顧問契約も結ばせていただくことによって、継続的なお付き合いによる信頼関係の中で経営上のトラブル全般に対応いたします。

企業等の一定の団体が毎月一定額の顧問料を弁護士にあらかじめ支払い、その顧問契約の範囲内の紛争につき、顧問弁護士に法律相談をして優先的に事件を依頼することが出来るシステムです。

■顧問契約のメリットとは

法的紛争は、その問題が明らかとなる前に専門家に相談し、何らかの対処をしておけば、紛争にすらならずに済んでしまうことが多いです。ところが、顧問契約等をしておらず気軽に法的アドバイスを受けられないと、潜在的な問題に気が付かず、問題が顕在化しこじれてしまってから慌てて弁護士に依頼するということになりかねません。

こうした場合には、問題が明らかになってこじれてしまった後に、弁護士を探し出し、法律事務所や弁護士会に電話やメールをしてから法律相談の予約をとり、弁護士に相談するという流れをたどることになるのが一般ですが、弁護士のほうと日程の調整が付かない場合には、連絡をしてから法律相談が行われるまでに1週間以上かかることも珍しくありません。また、弁護士のほうも継続的に相談を受けていた方ではないので事案の把握、証拠関係の整理等に時間がかかり、迅速な対応が出来ない場合もあります。こうした不利益を回避できるというところに、顧問契約の大きなメリットがあります。

取扱い業務一覧へ戻る